ホーム > 在宅酸素療法用語集
在宅酸素療法用語集

インヘラーとスペーサー

のどや気管支といった、気道を広げ呼吸を楽にする気管支拡張薬を、霧状にして吸入するための道具のこと。
掌に収まる程度の大きさのものから大小様々あり、数種類の薬剤から、重症度に応じて処方されます。一般的な使用方法は、インヘラーを口にくわえ、息を最大限吐き出し、薬を噴霧させたら、5~6秒かけてゆっくりと吸い込みます。
約10秒を目安に息をとめ、ゆっくりと息を吐き出します。その後うがいをして口内を洗浄します。また、吸入しづらい場合は、スペーサー(吸入補助器)を適宜装着して、のどの奥まで薬剤を届かせるようにします。

ページのTOPへ