ホーム > 在宅酸素療法用語集
在宅酸素療法用語集

スパイログラム

スパイロメーターによって測定された呼気量、吸気量、気流速度などを記録したグラフをスパイログラム(呼吸曲線)と呼びます。可能な限りの吸気を行ったあと、すべての息をできるだけ早く吐き出します。このとき1秒間に吐き出された量を「1秒量」、1秒量を努力性肺活量で割った数値を「1秒率」と呼びます。COPDが進行すると、この1秒率の値が低下します。その他にも、安静呼吸の吸気位と最大吸気の吸気位の差から予備吸気量、安静呼吸の呼気位と最大呼気の呼気位の差から予備呼吸気量がわかります。

スパイロメーターによって測定された呼気量、吸気量、気流速度などを記録したグラフ、スパイログラム。

ページのTOPへ