ホーム > 在宅酸素療法用語集
在宅酸素療法用語集

COPDとタバコ

COPDを発症している人のうち、約9割が喫煙習慣者であったとされることから、別名タバコ病とも呼ばれるほど、COPDと喫煙は、深い係わりがあると言われています。
生まれつき呼吸器が敏感であったり、子供のころにぜんそくや、呼吸器の病歴があったりするヒトが大人になってから喫煙することで発症のリスクはより高くなります。
また、喫煙習慣がないヒトでも、家庭や職場に喫煙者がいると、口から吸う主流煙よりも、副流煙に有害物質が多く含まれていることから、喫煙者以上に肺にダメージを受けている場合が考えられます。COPDの最大の予防は、「禁煙」と言えるかもしれません。

タバコ消費量とCOPDによる死亡率のグラフ。タバコの消費量の増加に伴い、COPDによる死亡も増加している

ページのTOPへ