ホーム > 在宅酸素療法用語集
在宅酸素療法用語集

COPDと食事

COPDと食事。COPD患者の呼吸には、健常者の1.2~1.6倍のエネルギーが必要であるとされています。

COPD患者の呼吸には、健常者の1.2~1.6倍のエネルギーが必要であるとされています。
COPD患者の呼吸には、健康なヒトの1.2~1.6倍のエネルギーが必要であるとされています。毎日の食事で、充分な栄養を摂取することができなければ、筋力・免疫力の低下から、さらに呼吸機能の低下をまねき、症状がどんどんと悪化してしまう場合があります。
食事制限がなければ、何を食べても大丈夫ですので、かかりつけ医と相談のうえ、タンパク質やビタミン、ミネラルをバランスよく、たっぷりと摂りましょう。苦しくて1回の食事でたくさん食べるのが難しい場合は、1日5~6食を目安に、分けて摂るようにしてもかまいません。

ページのTOPへ